MENU

【評判悪い?】Square(スクエア)決済を実際に試した私の口コミ評価!

今回は、店舗のキャッシュレス導入でも人気の「Square(スクエア)」について解説しています。

そして、スクエアのカード決済が人気の理由は、最短当日で導入できる手軽さにメリットがあります…!

さらに、スクエアは、posレジとの連携が可能で、毎月の自動請求やオンライン決済用の請求書をメールで送信できます。なので、予約販売や取り置きなどにもカード決済が使えます。

また、スクエアの利用者が多い理由は、カード決済を行った翌日(休日や祝日の場合は翌営業日)に入金され振込手数料も無料というところも人気ですね…!

ということで、今回はSquare(スクエア)の導入を考えている人に、特徴やメリット・デメリットも交えてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\当サイト限定!Squareターミナル申込で30日間の無料返品可能!/

目次

Square(スクエア)の基本情報

運営会社Square株式会社
初期費用無料
カードリーダー7,980円(税込)
スクエアターミナル
(プリンター内蔵)
開封済みでも30日間無料返品が可能
46,980円(税込・送料込み)
※無料の1年間保証で無償交換が可能
料金固定費 0円
解約費 0円
振込手数料 0円
決済手数料(クレジットカード)Visa、Mastercard、American Express、Diners Club、Discover
3.25%(JCBのみ3.95%)
決済手数料(交通系IC)Suica, PASMO, Kitaca, TOICA, manaca, ICOCA, SUGOCA, nimoca, はやかけん
3.25%
決済手数料(その他)QUICPay、iD
3.75%
入金日みずほ銀行、三井住友銀行/翌営業日
その他/毎週金曜日
おすすめ度
Squareの基本情報

スクエアは、モバイル決済サービスでも古くから店舗導入を提供していて、お手軽さが魅力です。

また、利用できる端末も「iPhone・iPad・android端末」に対応しているので、カードリーダーが届いてお手持ちのスマホやタブレットで利用する事が可能です。

さらに、決済端末がなくてもオンラインによる「Square請求書」や「Squareオンラインチェックアウト」という決済受付が可能となっています。なので、始めはオンライン決済を試しに使ってから端末を購入する方法もあります。

以前まではクレジットカードのみだけで迷われていた方も多いと思いますが、交通系電子マネーやApple Pay・ID・QUICPayに対応したことで非常におすすめの店舗決済サービスだと評価できますね!

Squareの決済は、最短で当日から決済開始となっていますが、カードリーダーは当日に届きません…。これは、パソコンやオンラインでカード情報を入力するという意味になります。なので、カードリーダーを申し込んだ人は、機材が届くまでカード情報を手入力する必要がありますので注意してくださいね。

\当サイト限定!Squareターミナル申込で30日間の無料返品可能!/

Square(スクエア)決済を実際に試した私の口コミ評価

ここでは、Square(スクエア)決済を店舗に導入した私の口コミをご紹介しています。また、Square(スクエア)の使い方も詳しく説明しているので、参考にしてみてくださいね。

(大変申し訳ございませんが、現在準備中です)

Square(スクエア)決済を店舗に導入するメリット!

Square(スクエア)を導入するメリットをご紹介します。

1、Square(スクエア)はとにかく申込から利用開始までが圧倒的に早い!

Squareが利用開始までに掛かる時間が短いのは、VISA/Mastercard/American Expressカードのお取り扱いはSquare株式会社が審査を行っているからです。

なので、JCB/Diners Club/Discoverカードのお取り扱いは株式会社ジェーシービーによる審査があるので、時間が少し掛かってしまいます。

JCBなどは、どの決済サービスでも株式会社ジェーシービーによる審査が行われているので時間が掛かります。

また、カードリーダーの配送は約1週間ほど時間がかかるところには注意が必要です。すぐに利用したい人は、Amazonや家電量販店で購入することができます。
しかし、カードリーダー費用が無料キャンペーン中は、Squareから貰えるので少し時間が掛かりますが届くまで待った方が断然お得ですね…!

2、Square(スクエア)は三井住友やみずほ銀行であれば翌営業日に入金処理される!

そして、Square(スクエア)は入金スピードがどこよりも圧倒的に早いです…!

これは「三井住友銀行」「みずほ銀行」の口座を登録した人のみになりますが、現金仕入れで商売をしなければいけない人にはありがたいメリットとなりますね。

そして、他の銀行口座の場合は、毎週水曜日の「締め日」が決まっていて、同じ週の金曜日に支払いがあります。なので、毎週1回の振込が確実ということいなります。

いずれにしても、入金スピードは速く入金手数料も無料というところが、利用者が多いということですね!

3、Square(スクエア)はPOSレジ・振込手数料・月額費用が無料!

先ほども少し触れましたが、Square(スクエア)は振込手数料や月額費用など一切必要なく無料です。

入金手数料が取られる決済サービスもあるので、メリットと言えますね…!そして、利便性が高いPOSレジも無料で使用できます。

さらに、Square(スクエア)POSというアプリだけではなく、他社の人気POSシステム「スマレジ」などからスクエアを連結させて使用できる汎用性もあります。

Square(スクエア)決済のデメリットとは?

Square(スクエア)を利用したいと思うメリットがありましたが、デメリットもやはりあります。

1、Square(スクエア)はQR決済が使えない

Square(スクエア)を利用している店舗が多いのですが、PayPay・auPAY・メルペイ・d払いなどのQR決済に対応していません。ただ、交通系電子マネー・Apple Pay・iD・QUICPayには対応しています。

人気のAirペイなどはPayPayなども利用できますが、入金サイクルが遅かったりします。なので、QR決済は、直接申し込んで対応した方が便利だと思います。

ただ、数多くのキャッシュレス決済を一つにまとめたいと思っているお店にはデメリットとなってしまいます。入金サイクルが早いクレジットカードのみを使用する人は問題ありません。

私の場合は、急に現金が必要になることも想定して「Square」と豊富な決済ができるところでも契約しています。

利用頻度が増えてきたQR決済(PAYPAYなど)に関しては直接契約することもできますので、その方が便利だと思いますよ。

2種類以上の決済会社と契約していても問題はありませんので、使い方によっては、2社以上と契約していてもいいのではないかと思います。

2、Square(スクエア)のJCB決済手数料が少し高い!

Square(スクエア)の決済手数料が他社よりも少し高いところがデメリットです。

VISA・AMEX・Mastercardに関しては0.01%高いだけなので気になりませんが、JCBに関しては、他社の平均より0.21%ほど高いです。

しかし、ダイナースクラブやティスカバーなどは、3.25%と他社の平均より0.49%ほど安い特徴もわかりました。

3、Square(スクエア)リーダーは端末へのサインが必要!

Square(スクエア)のカードリーダーには、暗証番号が入力できるようなボタンはないので、手書きのサインが必要になります。なので、毎日のお支払いでカード決済が多い店舗の場合は、毎回サインをお願いしないといけないのでデメリットになりますね。

しかし、タッチ決済が可能になっているので、タッチ決済対応のカードやApplePayの場合は、少額ならサインの必要がありません…!

また「Squareターミナル(46,980円)」や「Squareスタンド(29,980円)」があるので、より便利に決済できるように改善されています。

Squareターミナルに関しては、30日間の無料返品が可能です。無料返品に対応しているのは当サイト経由限定となっておりますので、便利なSquareターミナルを使ってみたい人は下記の緑色のボタンから試してみてくださいね!

\当サイト限定!Squareターミナル申込で30日間の無料返品可能!/

Square(スクエア)の手数料や必要な費用一覧

初期費用7,980円~9,980円
月額費用無料
決済手数料3.25%(VISA、Mastercard、AmericanExpress、ダイナースクラブ、ディスカバー)
3.95%(JCB)
振込手数料無料
入金サイクル最短翌営業日(三井住友銀行、みずほ銀行)
週に1回(その他銀行)

Square(スクエア)が利用できる決済方法は、クレジットカード6ブランドのみになっています。また、JCB以外のブランドは3.25%の決済手数料で最安水準です。

そして、初期費用はカードリーダーのみは7,980円で、専用ドッグのセットで9,980円となります。また、初期費用に関して、他社と比較すると費用が安い特徴があります。

しかし、決済端末0円キャンペーンが実施中なので、初期費用は無料となっています。

さらに、振込手数料は、どの銀行口座を指定しても無料なところが圧倒的に良心的です。入金サイクルも「三井住友銀行とみずほ銀行」を指定すると最短翌日と速さに魅力がありますね…!

お得にSquare(スクエア)ターミナルの30日間無料返品キャンペーンを申込む方法!

ここでは、お得にSquare(スクエア)のキャンペーンを申込む方法をご紹介します。

1、Square(スクエア)のアカウントを作成する!

Square(スクエア)を申込む時は、アカウントを作成することから始めます。公式サイトにアクセスしてもらうと、青いボタンで「今すぐ無料のアカウントを作成」をタップします。

下記の緑色のボタンをタップすると、キャンペーンの申込ができるSquare(スクエア)の公式サイトにアクセスできます…!

\開封後の端末も30日以内なら無料返品できる!/

すると、上記画像のページ移動するので「メールアドレス」「パスワード設定」「ご利用になる国」を入力して続行をタップします。

次は、すべての情報「個人情報」「店舗情報」「口座情報」などを入力して完了させておきましょう。すべてが完了して審査を通過すると、登録口座を認証しているメールが届くので、しばらく待ちましょう。

2、Square(スクエア)からキャンペーン招待メールが届く!

申込を完了させると、参加条件を満たした方へ3営業日以内を目安に、キャンペーンの招待メールが届きます。

この招待メールが届かない場合は、参加条件を満たしていないと判断されたので、実費でカードリーダーや専用ドッグを購入しなくてはいけません…。

参加条件とは、有効なアカウントの作成が完了している人で、以前にアカウントを申込んでいる人は対象外となります。

また、キャンペーンにて0円でカードリーダーや専用ドッグを注文しても、90日以内にカード決済の受付を開始しないと、商品代を請求されることもあるので注意してください…!

しかし、諸事情や何かしらの影響で決済が開始できない場合は、90日後以降に連絡すると対応してくれることもあるので、問い合わせをしてみましょう。

3、Square(スクエア)から届いたID・パスワード・クーポンコードで申込む!

Square(スクエア)の0円キャンペーンメールが届いた人は「ID・パスワード・クーポンコード」を申込サイトへコピーして注文しましょう。

後は、カードリーダーと専用ドッグを届くのを待つだけです…!先ほども言いましたが、90日以内にカード決済をすることが前提の0円キャンペーンです。

お客様の利便性を考えてキャッシュレス決済を導入を考えている人は、特に気にせず利用できると思います。なので、初期費用(端末料金)が無料で使用することができますね…!

Square(スクエア)・Airペイ・STORESターミナル・楽天ペイを比較!

スクエアAirペイSTORES楽天ペイ
企業スクエアリクルートコイニー楽天
初期費用7,980~9,980円18,334円19,800円18,800円
キャンペーン時の初期費用無料無料無料無料
キャンペーン適用の条件90日以内にカード決済の受付を開始される方申込月の6カ月後の月末までに審査が通過が必要3か月以内に20万円以上の決済が必要キャッシュレス・消費者還元事業に申込が必要
キャンペーン簡単度[jinstar4.5][jinstar4.5][jinstar3.0][jinstar2.0]
決済手数料3.25~3.95%3.24~3.74%3.24~3.74%3.24~3.74%
入金サイクル翌日月6回/月3回月6回翌日
入金手数料無料無料200円
※10万円以上で無料
無料
(※楽天銀行/その他は330円)
導入審査日数最短当日~最短5日~最短2日~最短3日~
クレジットカード6ブランド7ブランド6ブランド6ブランド
QR決済
電子マネー
対応OSiOSのみ
接続方法Bluetooth
イヤホンジャック
BluetoothBluetoothBluetooth
利用アプリ無料無料無料無料

※赤色はデメリットで緑色はメリットとして特徴を分けてみました。

Square(スクエア)と人気キャッシュレス決済サービスを比較してみました。スクエアの最大の特徴は、初期費用が安く最短翌日に入金されるところですね…!

しかし、初期費用に関しては、ほとんどの企業が0円キャンペーンを行っているので実質無料となっています。しかし、各企業ごとに条件が設定されているので注意しておきましょう。

因みに、Square(スクエア)の0円キャンペーンの参加条件は、90日以内にカード決済を開始するだけなので、クリアしやすい特徴がありました。

しかし、Square(スクエア)の決済は、クレジットカードのみというデメリットもあります。QR決済の導入も今度はあると思いますが、必要な人はAirペイも候補にされるといいですね…!
Airペイは、スクエアと比べると決済方法が豊富ですが、android端末に対応していないデメリットもあります。また、STORESターミナルや楽天ペイも、キャンペーン適用の条件がSquareよりもハードルが高いです…。
初めてキャッシュレス決済を導入したい人や入金サイクルが早い方が良い人は、圧倒的にSquare(スクエア)がおすすめですね!

\開封後の端末も30日以内なら無料返品できる!/

まとめ

  1. 初期費用が0円キャンペーン実施中!
  2. キャンペーンのハードルが低く利用しやすい!
  3. 無料のPOSアプリで月額費用も無料!
  4. とにかく導入までが早い!
  5. クレジットカードのみの決済!

今回は、最安水準の決済手数料や導入スピードが速いSquare(スクエア)についてご紹介してきました…!

Square(スクエア)は、クレジットカードのみの取り扱いというデメリットもありますが、とにかく導入コストやスピードが速いので、顧客の取りこぼしを改善しやすいです。

また、iOSやandroidどちらでも利用できるところや、アプリの連携も豊富です。なので、POSアプリで有名な「スマレジ・freee・Airレジ」なども連携できます。

私の利用方法としては、Square・Airレジ・Airペイ・AirペイQRを連携させて使用しているので、早期の現金回収が必要な商品に関しては、Squareを利用する事も可能です。

なので、SquareとAirペイがあれば、決済手段が豊富で利便性も高くなり、集客やレジ周りの統一感もあるので、使いやすいですよ…!

\開封後の端末も30日以内なら無料返品できる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

※本記事はTBee MEDIA(ドメイン所有者:ティービーサイクル)と提携する企業のPR情報を含んでおります。
※当社は暮らしに関わるモノの情報提供を目的としており、商品提供事業者との契約媒介や契約を斡旋をするものではありません。
※当社に掲載されている商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各製造元・販売元へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※当社に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※お申し込みは、必ずご自身で各製造元&販売元のホームページで内容をご確認のうえ、判断頂きますようお願いします。
※当社で紹介されている意見はあくまで個人的なものであり、企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※当社本メディアへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。
※自転車販売や修理等に関しましては最寄りの店舗へ来店・電話もしくはメールでのお問い合わせをお願い致します。

目次
閉じる