【27種類】ウェルネスドッグフードの口コミ評判や原材料を徹底解説!

ウェルネスドッグフードを愛犬に与えてみようと思ったけど、実際のところ本当に購入してもいいのかと悩んでいる人も多いですよね。

ウェルネスドッグフードは、厳選した素材&健康と幸せの想いが1粒にぎっしり詰まったドッグフードになります。

具体的には、6シリーズ全27商品のバリエーションがあります。なので、目的別にあなたの愛犬に合ったドッグフードを選ぶことが出来ます。

今回は、ウェルネスドッグフードを購入する前の詳しい内容について一目で分かるように「お得に購入する方法があるのか?」「どんな原材料を使っているのか?」「利用している人の口コミ」などをご紹介します。

また、メリットやデメリットなど、どんなワンちゃんにおすすめできるのかなどについても徹底解説していますので、ウェルネスドッグフードが気になっている人は参考にして頂ければ幸いです。

目次

ウェルネスドッグフードの基本情報

販売会社ウェルペット・ジャパン合同会社
商品名ウェルネスドッグフード
原産国アメリカ
種類・価格
※価格は税込
【全27種類】
ウェルネスシリーズ/2,079円~3,655円
ウェルネス穀物不使用シリーズ/2,255円~3,938円
コアシリーズ/1,980円~17,100円
コアダイジェスティブヘルス/2,398円~8,756円
シンプルシリーズ/2,398円~4,378円
ウェルネスプチアントレ/176円~352円
※価格は楽天を参考にしています。
※価格は容量によって変動します。
購入先公式サイト
ウェルネスドッグフードの特徴
  • 6種類のシリーズから目的別にフードを選べる
  • ドライとウェットのフードの用意がある
  • 酸化防止剤には自然派成分が使用されている

ウェルネスドッグフードには6種類のシリーズラインナップがあり、目的別にフードを選べるのが特徴です。例えば、穀物不使用のフードを選びたい場合は「ウェルネス穀物不使用シリーズ」、高たんぱく質のフードを選びたい場合は「コアシリーズ」といった具合に選択ができます。

また、ドライフードとウェットフードの用意もあります。なので、高齢犬などの水をあまり飲まないワンちゃんにはウェットフード、成長期のワンちゃんには硬さのあるドライフード(あごの成長促進に効果的)、といった選択もできます。

ちなみに、ウェルネスドッグフードには酸化防止剤が含まれています。ですが、自然派の成分が使用されているので、安全性にも配慮されていると言えます。

ここまでウェルネスドッグフードの基本情報や特徴についてご紹介してきました。しかし、どんな原材料を使っているのか、与えたことがある人の口コミは良いのか悪いのかなど気になることも多いと思います。そこで、下記からはウェルネスドッグフードについて、さらに詳しく解説していますので参考になれば幸いです。

ウェルネスドッグフード全27種類の特徴

タイプ特徴
ウェルネスシリーズ(4種類)アークランド専売品
ウェルネス穀物不使用シリーズ(3種類)穀物不使用
コアシリーズ(6種類)高タンパク質・穀物不使用
コアダイジェスティブヘルス(5種類)高タンパク質・高消化性
シンプルシリーズ(3種類)食物アレルゲンに配慮
ウェルネスプチアントレ(6種類)ウェットフード

ここでは、ウェルネスドッグフードで販売されている6種類のタイプ別に全27種類の特徴をご紹介します。

ウェルネスシリーズ

スクロールできます
ウェルネス小型犬子犬用小型犬成犬用小型犬体重管理用小型犬高齢犬用
商品画像
主原料骨抜き七面鳥骨抜き七面鳥骨抜き七面鳥骨抜き七面鳥
ピックアップ原材料人参、亜麻仁トマト、亜麻仁大麦、亜麻仁人参、亜麻仁
対応年齢離乳期~1歳1~6歳1~6歳7歳以上
粒の大きさ約10mm約10mm約10mm約10mm
容量900g900g/1.8kg900g/1.8kg900g/1.8kg
価格(税込)2,079円2,079円/3,655円2,079円/3,655円-/3,655円(※)
購入先アークランド専売品アークランド専売品アークランド専売品アークランド専売品
特徴DHA配合野菜や果物を配合低カロリーグルコサミンとコンドロイチン硫酸を配合

※楽天では900gの販売はありませんでした。

ウェルネスシリーズ小型犬子犬用の特徴は、DHAが配合されている事です。それにより、子犬の健康的な脳の発育をサポートしてくれます。

ウェルネスシリーズ小型犬成犬用の特徴は、抗酸化栄養素を豊富に含む野菜や果物が配合されている事です。それにより、栄養バランスが整えられており、愛犬の健康維持をサポートしてくれます。

ウェルネスシリーズ小型犬体重管理用の特徴は、低カロリー仕様となっている事です。小型犬成犬用と比較して約10%もカロリーが抑えられています。それにより、運動量の少ない愛犬の健康的な体重管理をサポートしてくれます。

ウェルネスドッグフード小型犬高齢犬用の特徴は、グルコサミンとコンドロイチン硫酸が配合されている事です。それにより、足腰が弱りがちな高齢犬の腰と関節の健康維持をサポートしてくれます。

ウェルネス穀物不使用シリーズ

スクロールできます
ウェルネス穀物不使用子犬用小型犬用全犬種用
商品画像
主原料骨抜きチキン骨抜き七面鳥白身魚
ピックアップ原材料サーモンオイル、亜麻仁トマト、亜麻仁トマト、亜麻仁
対応年齢離乳期~1歳1歳以上用1歳以上用
粒の大きさ約10mm約10mm約10mm
容量800g、1.8㎏800g、1.8㎏800g、1.8㎏
特徴DHA源、カルシウム、リンを配合グルコサミンとコンドロイチンを配合グルコサミンとコンドロイチンを配合

ウェルネス穀物不使用シリーズ子犬用の特徴は、DHA源(サーモン油)、カルシウム、リンが配合されている事です。DHA源のサーモン油は、子犬の健康的な脳の発育をサポートしてくれます。また、カルシウムとリンもバランス良く配合されており、子犬の健康的な筋肉や骨の発育をサポートしてくれます。

ウェルネス穀物不使用シリーズ小型犬用の特徴は、主原料に骨抜き七面鳥が使われている事と、グルコサミンやコンドロイチンも配合されている事です。主原料の骨抜き七面鳥は活動に必要なエネルギーを、グルコサミンやコンドロイチンは腰や関節の健康維持をサポートしてくれます。

ウェルネス穀物不使用シリーズ全犬種用の特徴は、主原料に白身魚が使われている事と、腰や関節に良いグルコサミンやコンドロイチンも配合されている事です。特に白身魚は消化が良いので、アレルギーを起こしにくい利点があります。

ウェルネスコアシリーズ(高タンパク質・穀物不使用)

スクロールできます
小型犬子犬用小型犬成犬用小型犬体重管理用小型犬全年齢用成犬用高齢犬用
商品画像
主原料骨抜き七面鳥骨抜き七面鳥骨抜き七面鳥骨抜きチキン白身魚骨抜き七面鳥
ピックアップ原材料サーモンミール、ブロッコリーほうれん草、亜麻仁チキンミール、亜麻仁サーモンオイル、ほうれん草亜麻仁、人参亜麻仁、チキンミール
対応年齢離乳期~1歳1~6歳1歳以上全年齢1~6歳7歳以上
粒の大きさ約10mm約10mm約10mm約10mm約10mm約10mm
容量800g、1.8㎏800g、1.8㎏、5.4kg800g、1.8㎏、5.4kg800g、1.8㎏800g、1.8㎏、5.4kg800g、1.8㎏、5.4kg
特徴DHA源を配合グルコサミンとコンドロイチンを配合低脂肪DHA源を配合家禽類不使用低脂肪

ウェルネスコアシリーズ小型犬子犬用の特徴は、DHA源(サーモン油)が配合されている事です。それにより、子犬の健康的な脳の発育をサポートしてくれます。

ウェルネスコアシリーズ小型犬成犬用の特徴は、グルコサミンとコンドロイチンが配合されている事です。それにより、愛犬の腰と関節の健康維持をサポートしてくれます。

ウェルネスコアシリーズ小型犬体重管理用の特徴は、体重管理のために低脂肪に配慮されている事です。小型犬成犬用と比較すると、約13%も脂肪分が抑えられています。

ウェルネスコアシリーズ小型犬全年齢用の特徴は、DHA源(サーモン油)が配合されている事と、主原料に骨抜きチキンが使用されている事です。特に主原料の骨抜きチキンは嗜好性が高い原料なので、食いつきを改善したい場合には試してみると良いかもしれません。

ウェルネスコアシリーズ成犬用の特徴は、チキンや七面鳥などの家禽類が不使用である事です。そのため、鶏肉アレルギーをお持ちのワンちゃんにも安心して与えることが出来ます。

ウェルネスコアシリーズ高齢犬用の特徴は、低脂肪に配慮されている事です。高齢犬になると代謝が緩やかになってくるので、こちらでは脂肪分の配合割合を10~12%に制限する事で、体型維持をサポートできるようになっています。

ウェルネスコアダイジェスティブヘルス

スクロールできます
小型犬成犬用成犬用
(骨抜きチキン)
成犬用
(白身魚)
子犬用エイジングケア
商品画像
主原料骨抜きチキン&玄米骨抜きチキン&玄米白身魚&玄米骨抜きチキン&玄米骨抜きチキン&玄米
ピックアップ原材料亜麻仁、大麦亜麻仁、大麦亜麻仁、大麦亜麻仁、大麦亜麻仁、大麦
対応年齢1歳以上1歳以上1歳以上離乳期~1歳7歳以上
粒の大きさ約10mm約10mm約10mm約10mm約10mm
容量800g、1.8㎏800g、1.8㎏800g、1.8㎏800g、1.8㎏800g、1.8㎏
特徴カロリーが高めとなっている全犬種の成犬に適した栄養バランス鶏肉アレルギーの犬にも与えられるEPAやDHAの配合割合が高め低脂質&低カロリー

ウェルネスコアダイジェスティブヘルス小型犬成犬用の特徴は、同シリーズの他のドッグフードよりもカロリーが高めに設定されている事です(100gあたり約372kcal)。その理由は、小型犬は大型犬よりも体重あたりに必要となるエネルギー量が多い為です。

ウェルネスコアダイジェスティブヘルス成犬用(骨抜きチキン)の特徴は、全犬種の成犬に適した栄養バランスとなっている事です。また、嗜好性が高い骨抜きチキンが主原料なので、白身魚が主原料のものよりも食いつきの良さが期待できます。

ウェルネスコアダイジェスティブヘルス成犬用(白身魚)の特徴は、主原料が白身魚で家禽類は配合されていない事です。そのため、鶏肉アレルギーのワンちゃんにも安心して与えることが出来ます。

ウェルネスコアダイジェスティブヘルス子犬用の特徴は、EPAやDHAの配合割合が高めとなっている事です。それにより、子犬の脳や網膜の発育をサポートできるようになっています。

ウェルネスコアダイジェスティブヘルスエイジングケアの特徴は、同シリーズの他のドッグフードよりも低脂質&低カロリーに配慮されている事です。シニア犬になると代謝が落ちて太りやすくなるので、脂質とカロリーを低く抑えることで体型維持をサポートできるようになっています。

ウェルネスシンプルシリーズ

スクロールできます
小型犬成犬用全犬種用体重管理用全犬種用成犬用
商品画像
主原料サーモン&じゃがいもサーモン&じゃがいも骨抜き七面鳥&じゃがいも
ピックアップ原材料チコリ根抽出物、亜麻仁チコリ根抽出物、亜麻仁チコリ根抽出物、亜麻仁
対応年齢1歳以上1歳以上1歳以上
粒の大きさ約10mm約10mm約10mm
容量800g、1.8㎏800g、1.8㎏800g、1.8㎏
特徴小型犬に適切量のたんぱく質、脂肪、カロリーを配合低脂肪に配慮されている食物アレルギーに配慮されている

ウェルネスシンプルシリーズ小型犬成犬用の特徴は、小型犬に適切量のたんぱく質、脂肪、カロリーが配合されている事です。特にたんぱく質の配合割合は高くなっているので、免疫力を高めて健康的な体を作るのに適しています。

ウェルネスシンプルシリーズ全犬種用体重管理用の特徴は、健康的な体重管理ができるように低脂肪に配慮されている事です。全犬種用成犬用と比較して約33%も脂肪分が少ない仕様となっています。

ウェルネスシンプルシリーズ全犬種用成犬用の特徴は、食物アレルギーに配慮されている事です。主原料に使用されている七面鳥は消化に優れており、アレルゲンになりにくいとされているためです。

ウェルネスプチアントレ

スクロールできます
グレービー仕立て チキングレービー仕立て チキン&ターキー柔らか煮込み チキン柔らか煮込み チキン(ターキー&ダック入り)柔らか煮込み チキン(ビーフ&サーモン入り)柔らか煮込み チキン(ローストラム入り)
商品画像
主原料チキンチキン&ターキーチキンチキンチキンチキン
ピックアップ原材料骨抜きチキン、人参、鶏レバー骨抜き七面鳥、インゲン豆、鶏レバー骨抜きチキン、人参、鶏レバー骨抜き七面鳥、人参、鶏レバーサーモン、インゲン豆、鶏レバーラム、えんどう、鶏レバー
対応年齢1歳以上1歳以上1歳以上1歳以上1歳以上1歳以上
粒の大きさバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラバラ
容量85g85g85g85g85g85g
特徴主原料がチキンでグレービー仕立てになっている主原料がチキン&ターキーでグレービー仕立てになっている主原料がチキンで柔らかく煮込まれている主原料チキン+
ターキー&ダック入りで柔らかく煮込まれている
主原料チキン+
ビーフ&サーモン入りで柔らかく煮込まれている
主原料チキン+
ローストラム入りで柔らかく煮込まれている

「グレービー仕立て チキン」の特徴は、チキンの肉汁を元に作られたソースで仕立てられている事です。また、鶏肉や野菜がキューブカットされた状態で入っているので、ゴロッとした食感となっているのも特徴です。

「グレービー仕立て チキン&ターキー」の特徴は、「グレービー仕立て チキン」と同様にチキンの肉汁のグレービーソースで仕立てられている事です。ちなみに、「グレービー仕立て チキン」との違いは配合されている野菜が異なる点です。

「柔らか煮込み チキン」の特徴は、じっくり煮込まれたチキンがふっくら柔らかな食感に仕上がっている事です。また、野菜の小片も分厚くカットされた状態で入っているので、それが食感のアクセントになっているのも特徴です。

「柔らか煮込み チキン(ターキー&ダック入り)」の特徴は、主原料にチキンに加えて七面鳥(ターキー)とダックも配合されており、それらがじっくり柔らかく煮込まれている事です。ちなみに、七面鳥(ターキー)のお肉には低脂肪&低カロリーの特徴があるので、肥満気味のワンちゃんや高齢犬に与えるのに良いかもしれません。

「柔らか煮込み チキン(ビーフ&サーモン入り)」の特徴は、主原料にチキンに加えてビーフとサーモンも配合されている事です。それにより、肉・野菜・魚の全てが入っていてバランスが良くなっています。

「柔らか煮込み チキン(ローストラム入り)」の特徴は、主原料にチキンに加えてローストラムも配合されている事です。ラム(子羊)肉は柔らかくて癖が少なく、細胞内の脂肪を燃焼させる効果が期待できる「L-カルニチン」も配合されています。なので、ダイエットが必要なワンちゃんに与えるのに良いかもしれません。

評判悪い?ウェルネスドッグフードの口コミまとめ

ここからは、ウェルネスドッグフードを与えている人や、与えたことがある人の口コミをご紹介して、最後に評判をまとめています。

評判が良いと感じた口コミ

他のフードが合わず、下痢をしていましたが、このフードにしてとても良い💩になりました。アレルギーの心配もあるので、材料がはっきりしているフードは安心して食べさせられます。

引用元:Amazon(シンプルシリーズ 全犬種用 体重管理用)

愛犬の購入時に勧められたフードです
定期購入にするとペットショップより割安で購入でき助かっています
何より穀物不使用でアレルギーの心配が少ない為、安心です

引用元:Amazon(ウェルネス穀物不使用シリーズ 子犬用)

ジャックラッセルは筋肉質なので高タンパクフードを食べさせるといいと獣医さんに聞きました。
それと、穀物アレルギーになりやすいそうで高タンパク+グレインフリーのフードを探していた所こちらを見つけました。
粒が▲で変わった形ですが、うちのシニア犬でも成犬用で問題なく噛んで食べれます。
以前はヒルズを与えてましたがその頃より食いつきが良くなったので、うちの子の好みだったみたいでこれからもリピートするつもりです。

引用元:Amazon(ウェルネス穀物不使用シリーズ 小型犬用)

うちのチワワ姫はとても食いしん坊なので、何でも美味しく食べてくれますが、明らかに好きみたいです。5歳になったので、そろそろ健康に気をつけて食事を見直そうと思い購入しました。穀類は消化に負担がかかると聞きましたので、今までのドッグフードと混ぜながら与えています。今のところ問題ありません。

引用元:Amazon(ウェルネスコア 小型犬 体重管理用)

うちの柴犬は穀物にアレルギーがあるので
ウェルネスを与えてますが、
粒が大きめで食べごたえがありそうですごく
おいしそうにいつも食べてます。
小型犬の子だと食べづらいかもですが(・ω・`)
アレルギー系の心配もないので有難いです。

引用元:Amazon(シンプルシリーズ 全犬種用 成犬用)

評判が悪いと感じた口コミ

オメガ目当てで購入。
栄養面では問題ないと思います。
ただ、硬すぎてうちのチワワには難しい。
毎回ふやかしてあげてました。
うんちはやや黒くなりました。

引用元:Amazon(ウェルネス穀物不使用シリーズ 全犬種用)

粒が大きいせいかうちの子はあまり食べてくれませんでした。

引用元:Amazon(ウェルネスコアダイジェスティブヘルス エイジングケア)

とてもレビューが良く、そりゃ〜私だって食べたいわ!で、家のワンコに食べさせ様としたら一口も食べない⤵︎グルメでは無いから?なのか?

引用元:Amazon(ウェルネス穀物不使用シリーズ 子犬用)

アレルギー持ちの黒柴に与えていますが、過去1番の食い付きかもしれません。余程美味しいのでしょうか。アレルギーも治まりつつあり毛艶も良くなってきました。が、高価過ぎるためリピートは残念ながら難しいです。

引用元:Amazon(ウェルネスコア 成犬用)

魚類由来の原料でもサーモンは初めてです。
与えてみると、原料には特に問題がなさそうで、食べ始めました。
しかしながら、小型犬には粒が大き過ぎて、戸惑っているようです。
小型犬用に、もう少し配慮が欲しいところです。

引用元:Amazon(シンプルシリーズ 全犬種用 体重管理用)

ウェルネスドッグフードの口コミまとめ

良い口コミ悪い口コミ
・良いうんちが出るようになった(シンプルシリーズ)
・アレルギーの心配がないので安心(穀物不使用シリーズ)
・食いつきが良い(穀物不使用シリーズ)
・粒が硬すぎてチワワには難しい(穀物不使用シリーズ)
・粒が大きいせいかあまり食べてくれない(ウェルネスコアダイジェスティブヘルス)
・高価過ぎる(穀物不使用シリーズ)

ウェルネスドッグフードの悪い口コミには、「粒が硬すぎる」「粒が大きいせいで食べてくれない」「値段が高過ぎる」といった意見がありました。ちなみに、小型犬に全犬種用のフードを与えている方にトラブルが多い印象でした。なので、小型犬に与えるフードはなるべく小型犬用を選ぶようにした方が良いかもしれません。

一方、良い口コミには「うんちの状態が良くなった」「よく食べてくれる」「アレルギーの心配がない点が良い」といった意見が多くありました。なので、ウェルネスドッグフードは食いつきが良いだけでなく、ワンちゃんの健康にも良いフードであると判断できます。

ウェルネスドッグフードには27種類もの商品バリエーションがあるので、是非あなたの愛犬に合ったフードを選んでみて下さい。

ウェルネスシリーズ小型犬成犬用(1~6歳)の原材料の安全性や成分値を解説!

避けたいと感じる添加物二酸化チタン、赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色105号、黄色4号、黄色5号、黄色6号、青色1号、青色2号、青色102号、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)、エトキシン、没食子酸プロピル、エリソルビン酸、エリソルビン酸ナトリウム、ソルビン酸カリウム、ソルビン酸、亜硝酸ナトリウム、プロピレングリコールなど
粗悪とされている原料どのような動物・肉を使用しているのか分からないミートミール、フェザーミール、ミートエキス、ミートパウダー、家禽ミート、肉類副産物、鶏副産物、魚類副産物、肝臓腺粉、動物性乾燥消化物、鶏肉副産物の消化物、家禽副産物粉、乾燥レバー消化物、あらびき粉、肉類、骨粉(ボーンミール)、肉類、動物性油脂、獣脂、家畜油脂など
注意したい原料小麦、小麦粉、小麦胚芽粉、小麦ふすま、小麦蛋白、トウモロコシ、トウモロコシ粉、コーングルテン、コーングルテンフィード、コーンブラン、大豆、大豆ミール(大豆油カス)、大豆粉、脱脂大豆、中白糠、パン粉、ホミニーフィード、ふすま、でんぷん類、砂糖、糖類、ビートパルプ(化学的な薬品で生産されたもの)

基本的に総合栄養食のドッグフードを販売するにあたり危険と判断されるものは入っていません。しかし、避けたいと感じる添加物などを使用していると不安になるのも事実です。

そこで、ウェルネスドッグフードの原材料の安全性と成分値について調べてみましたので参考にしてみてください。

使われている原材料(ウェルネスシリーズ小型犬成犬用(1~6歳))

骨抜き七面鳥、チキンミール、オートミール、サーモンミール、大麦、粗挽き玄米、オート麦、鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、トマトポマス、メンハーデン(魚)ミール、トマト、えんどう繊維、サーモン油、チキンエキス、にんじん、ほうれん草、粗挽き亜麻仁、さつまいも、ブルーベリー、りんご、チコリ根抽出物、ラクトバチルス・プランタルム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス※、ユッカ抽出物、ビタミン類(コリン、E、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ナイアシン、A、アスコルビン酸、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸)、ミネラル類(塩化カリウム、食塩、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)、アミノ酸類(タウリン)

ウェルネスシリーズ小型犬成犬用(1~6歳)に含まれるおすすめの原材料は「大麦」です。なぜなら、大麦は食べ物の消化を緩やかにしてくれる繊維質なので、血糖値が急激に上がるのを抑えて脂肪を蓄積しにくくしてくれるからです。そのため、糖尿病や肥満が心配されるワンちゃんに与えるのにもおすすめできます。

また、避けたいと感じる添加物は特にないので、安心していただいて大丈夫です。

成分値(栄養成分)ウェルネスシリーズ小型犬成犬用(1~6歳)

ウェルネスドッグフード
タンパク質28.0%以上
脂質17.0%以上
粗繊維4.25%以下
灰分8.5%以下
水分10.0%以下
エネルギー(100g)約388kcal
  • たんぱく質が28.0%以上と「高い」
  • 脂質が17.0%以上と「高い」
  • 粗繊維が4.25%以上と「普通」
  • カロリーが約388kcalと「高め」

上記より、ウェルネスシリーズ小型犬成犬用(1~6歳)は、全体的に栄養成分の数値基準は高めの傾向にあることがわかります。なぜなら、最も活動的でエネルギーを必要とする成犬期向けに作られているからです。

栄養成分の配合割合が高いからと言って、ワンちゃんの身体に悪い影響などはないのでご安心下さい。

ウェルネスシリーズ小型犬成犬用(1~6歳)は、安心しておすすめできるドッグフードです。

ウェルネスドッグフードのメリットやデメリット

ウェルネスドッグフードがどのような商品で、使ったことがある人はどのように感じているのかを見てきました。口コミでは良い悪い賛否両論ですが、犬によって好評なフードでも合う合わないがあるので、判断が難しいところです。

そこで、下記からはウェルネスドッグフードのメリットやデメリットについてご紹介していますので、参考にしてみてください。

3つのデメリット

ウェルネスドッグフード3つのデメリット
  1. 値段が高い
  2. 小型犬用や高齢犬用でも粒が大きめに作られている
  3. 比較的粒が硬めに作られている

ウェルネスドッグフードは、ドラッグストアなどで市販されているフードに比べると比較的値段が高くなっています。なので、金銭的な理由で継続できないという声もあります。

また、ウェルネスドッグフードのドライフードは、どのシリーズのフードも粒の大きさは約10mmほどに作られており、硬さも比較的硬めに作られている傾向があります。そのため、「小型犬や高齢犬は食べにくそうにしている」という意見がよく見られます。

なので、特に小型犬や高齢犬を飼われている方は少々注意が必要かもしれません。

3つのメリット

ウェルネスドッグフード3つのメリット
  1. 商品の種類が多い
  2. 年齢や犬種別にフードを選べる
  3. ドライフードとウェットフードの両方の用意がある

ウェルネスドッグフードは6シリーズ全27商品の用意があります。なので、多くの選択肢からあなたの愛犬に合ったフードを選ぶことが出来ます。

また、ワンちゃんの年齢や犬種に適したフードを選べるのもメリットと言えます。

さらに、ドライフードとウェットフードの両方の用意もあるので、目的に合わせて使い分けられる点もおすすめのポイントです。

製造後の賞味期限は開封前で約12カ月

製造後半年から12カ月程度

ウェルネスドッグフードの開封前の賞味期限は、製造後半年から12カ月程度になります。また、開封後は2週間程で使い切るようにするのがおすすめです。

ウェルネスドッグフードの保存方法

ジッパーを利用してパッケージのまま保存できる

ウェルネスドッグフードのパッケージはジッパーが付いているので、容器の入れ替えをせずにでも保存することができます。また、湿度対策として、湿気が入りにくいようジッパーで閉める前に空気を抜いておくといいでしょう。

ちなみに、「ウェルネス プチアントレ」シリーズのパッケージはトレー型となっており、1つのパッケージ毎に1食分ずつ入っています。しかもウェットタイプなので、一度開封してしまったら長期保存はできないので、なるべく1回で食べ切るようにされるのがおすすめです。

ウェルネスドッグフードの給餌量は種類別に違うので注意が必要

※ウェルネス穀物不使用シリーズ小型犬用の場合

ドッグフードのパッケージに1日の給餌量目安が記載されています。ただ、あくまでも目安になるので活動量によって増やす減らすなどの調整が必要になります。

また、愛犬の年齢や体重、環境なども考慮する必要があります。

ちなみに、上記の1日の給与量は1日2回に分けて与えるようにしましょう。

また、愛犬のウンチの状態を参考に調整することもできるため日頃の健康をチェックも兼ねて確認しておきましょう。

ウンチの状態がゆるい場合は食べさせている量が多い可能性があります。一方、硬い場合は量が少なかったり、水分が足りていない可能性があるので目安にしてみてください。

ウェルネスドッグフードを購入する前の気になる疑問をQ&A形式でご紹介

ここでは、購入前に気になる疑問をQ&A形式でご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

試供品やサンプルってありますか?

ありません。

食べさせない方がいい犬種について教えてください

ウェルネスドッグフードは犬種別にフードの種類が分かれているので、あなたの愛犬に適した物を選ぶのがおすすめです。

好き嫌いが多いですが食べますか?

それは実際に食べさせてみないとわからないので一度お試しください。

ネット通販以外で購入できる店舗を教えてください

通販以外ではイオンペット店舗(https://www.aeonpet.com/shop/)にて購入する事ができます。

まとめ

ウェルネスドッグフードをまとめると!
  • 6シリーズ全27種類の商品バリエーションがある
  • 犬種や年齢別に適した商品を選べる
  • ドライフードとウェットフードの用意もある
  • 危険性が疑われる添加物などは配合されていない
  • 穀物アレルギーに配慮されたフードもある

ここまで、ウェルネスドッグフードの口コミや原材料などを詳しく解説してきました。

ウェルネスドッグフードには6シリーズ全27商品という豊富なバリエーションがあるので、目的に合わせて最適なフードを選ぶ事ができます。

なので、もし新しいドッグフードをお探しでしたら、ウェルネスドッグフードの中から愛犬に合う物を一つ選んで試してみてはいかがでしょうか。

この記事ではウェルネスドッグフードについて解説してきましたが、その他のフードも知りたいという方は「ドッグフードのおすすめ」をご紹介している記事も参考にして頂ければ幸いです。また、おすすめドッグフードの結論を見たい人のために下記の3つを先にご紹介していますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

スクロールできます
1、オブレモドッグフード2、うまかドッグフード3、モグワンドッグフード
商品画像
獣医師の評価現役獣医師監修 評価あり 評価あり
タイプドライフードドライフードドライフード
添加物
主原料・鶏肉
・馬肉
・まぐろ&たら
・いわし&たら
(4種類展開)
鶏肉チキン&サーモン
原材料
お試し価格

鶏肉:2,415円(税込)/800g
馬肉:2,776円(税込)/800g
まぐろ&たら:2,513円(税込)/800g

いわし&たら:2,639円(税込)/800g
クーポンコード「obremo50off」で初回半額

3,278円(税込)/1.5㎏

なし
※定期コースの場合10%OFF
合計金額に応じて割引率アップ

都度価格

鶏肉:4,830円(税込)/800g
馬肉:5,552円(税込)/800g
まぐろ&たら:5,026円(税込)/800g

いわし&たら:5,277円(税込)/800g

5,478円(税込)/1.5㎏

4,708円(税込)/1.8㎏

口コミ評判
購入先

公式サイト

公式サイト

公式サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

※本記事はTBee MEDIA(ドメイン所有者:ティービーサイクル)と提携する企業のPR情報を含んでおります。
※当社は暮らしに関わるモノの情報提供を目的としており、商品提供事業者との契約媒介や契約を斡旋をするものではありません。
※当社に掲載されている商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各製造元・販売元へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※当社に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※お申し込みは、必ずご自身で各製造元&販売元のホームページで内容をご確認のうえ、判断頂きますようお願いします。
※当社で紹介されている意見はあくまで個人的なものであり、企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※当社本メディアへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。

目次