MENU

通勤・通学向けのおすすめ電動自転車ランキング!選び方と注意点を解説

通勤や通学用の電動アシスト自転車に必要な事と言えばバッテリーの大きさが必要不可欠になります。通勤・通学途中でバッテリーが切れると本当に大変です。。。

バッテリーの残量が無くなってしまってもアシスト機能がストップしてしまうだけなので自転車としては走行可能なのですが、電気が入らないので今まで軽快に走っていたのが急に重たくなり、たとえばジムのペダルが重たい自転車を漕いでるかのようです。

どのメーカーでどんな車種を選べば良いかわからないと言う方に通勤通学でおすすめの電動アシスト自転車をご紹介していますのでご参考になれば幸いです。

目次

通勤や通学用に電動自転車を選ぶ3つのポイント

自分に合った走行距離が走れるバッテリーを選ぶ

通勤通学用の電動アシスト自転車は一回の充電で標準走行50km~80kmなかにはエコモード(省エネ)にすると100kmを走行できるバッテリーもありますので自分に合った生活環境に合わせることが可能です。

できるだけパンクのリスクを避けたい安心したタイヤを選ぶ

通勤通学途中によくあるパンクのアクシデント。電動アシスト自転車自体は車体が一般自転車よりも重たいのでタイヤはしっかりした物じゃないとダメなんです。

トレッドライン(地面に当たる場所)が分厚くなってるタイプや一般車のタイヤ幅より太いタイプなどがあります。通勤や通学にアクシデントはつきものです。タイヤの消耗で交換しないといけない場合もでてきます。一般車に比べると交換費用は高くなります。

もちろん、普通の安価なタイヤに交換する事は可能ですができる事なら元々装着されているタイヤもしくは同等のタイヤをはめる事をお勧めします。ここ数年で通勤・通学車も各メーカーもたくさんの種類を出されています。

特殊な消耗品パーツを使用していない電動自転車を選ぶ

長距離用におすすめの電動アシスト自転車

丈夫で長持ちのおすすめ電動アシスト自転車

通勤や通学にもおしゃれなおすすめ電動自転車

人気メーカーのおしゃれな電動自転車10選を徹底比較

通勤通学の電動自転車おすすめランキング

通勤通学の電動自転車のバッテリー寿命も知っておきたい

通勤通学の電動自転車のよくある修理

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる