【2022年モデル】ブリヂストンの電動アシスト自転車フロンティアDXを解説

ブリヂストン「フロンティアDX」

ゴールデンウイーク期間中の営業日&休業日のお知らせ

2022年4月30日~5月1日 休業日
2022年5月2日~5月3日 営業日(10:00~19:00)
2022年5月4日~5月5日 休業日
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

当店で人気のブリヂストン「フロンティアDX(デラックス)」は、走行距離がオートモードで105kmとかなりの距離を走れる電動アシスト自転車です。

モードには「エコモード・オートモード・パワーモード」の3種類があります。その中の「エコモード」を選ぶと、走行距離が約200㎞も走れるようになっていて、オートモードより約2倍も走行距離が延びます。

通勤通学などの長距離を走る人にも安心です。さらに、普段使いとしても利便性が高くオールマイティーに使えるところが人気です!

ということで、今回は2022年モデルの「フロンティアデラックス」について詳しくご紹介していこうと思いますので、気になる人の参考になれば幸いです。

目次

ブリヂストン電動アシスト自転車「フロンティアDX(デラックス)」の基本情報

フロンティアDXの基本情報
メーカーブリヂストン
車種名フロンティアDX
車種略号24インチ/F4DB42
26インチ/F6DB42
価格147,000円(税込)
走行距離エコモード/200㎞
オートモード/105㎞
パワーモード/62㎞
バッテリー容量14.3Ah相当+走りながら自動充電(36.5V×9.9Ah=361Wh)
充電時間約4時間10分
カラーF.Xベルベットローズ
E.Xクリームアイボリー
E.Xノーブルネイビー
M.XHスパークシルバー
F.Xカラメルブラウン
E.Xグレイッシュミント
2022年の廃盤色グレイッシュピンク

ブリヂストンの電動アシスト自転車「フロンティアデラックス」は、ママチャリタイプの最高級グレードという位置づけになります!

なので、走行距離が圧倒的に長く走れて、使用している部品などにもこだわりがあります。

フロンティアDX(デラックス)のポイントと特徴

ここでは、当店に展示販売しているフロンティアDXを参考に特徴をご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね!

スマートワンタッチパネルで操作が簡単!

ブリヂストンのスイッチ「スマートワンタッチパネル」は、ボタンが2つのだけなので、操作が非常に簡単です!

電源を入れる時は、ライトボタンorMODEボタンのどちらかで電源が入るようになっているところも便利です。

そして、真ん中の「60%」という表示は、バッテリーの残量なのですが、一目でわかる大きさです。これなら充電し忘れも安心ですね!

両輪駆動モデル!

フロンティアシリーズは、すべて両輪駆動になります。フロント車輪のところにモーターが内臓していて、前輪はモーターの力、後輪は人の力が働くタイプになっています!

なので、前から引っ張って貰える感じにアシストされるのでめちゃくちゃ快適ですよ!

ただ、前輪にモーターを内蔵しているので、初めて乗る人は少し重たく感じる人もいます。しかし、慣れてくると安定感があり乗りやすいと実感すると思いますよ。

そして、フロントモーターのフロンティアは、チェーンタイプではなくベルトタイプになっています。なので、滑らかでスムーズに走ることができます!ベルトタイプの強度は、チェーンの10倍と言われていて「サビない!」「外れない!」と好評です。

ステップスルーフレームでまたぎやすい設計!

フロンティアシリーズは、前輪にモーターを配置することで、センターモータータイプと比べるとまたぎやすい特徴があります。

フレームの高さは、26インチで約33cm、24インチで約32cmとかなり低いので乗り降りがしやすいですね!

タイヤは少し太めでパンクもしにくく軽やかな走行が可能!

フロンティアデラックスは、タイヤが少し太いタイプになります。なので、パンクしにくく安定感があるので運転がしやすい特徴があります。

因みに、標準モデルのフロンティアは、一般的なタイヤになるので、デラックスタイプよりも細くなります。

サビにくいステンレスバスケットで美しさが長持ち!

そして、フロンティアデラックスのフロントバスケットは、高級でサビにくいステンレス製を採用しています。

バスケットの大きさは「幅40cm×奥行32cm×高さ上面24.5cm」と大きめなので、お買い物時も使いやすいです。

好みで後ろカゴを取り付けてもいいですね!

おしゃれなクラス27対応パイプキャリアで子供乗せも安心!

後ろキャリアは、おしゃれなパイプタイプを採用しています。見た目もいい感じで耐久性にも優れています。

なので、リヤチャイルドシートを取り付けることも可能で、最大積載量は27kg(クラス27)までになります。

また、スタンドもてこの原理で上げやすいタイプなので、女性でも簡単に持ち上げることができます!

フロンティアデラックスの24インチと26インチの違いを比較!

24インチ26インチ
車種略号F4DB42F6DB42
希望小売価格147,000円(税込)147,000円(税込)
タイヤサイズ24×1-1/226×1-1/2
跨ぎ部分の高さ32.1cm32.9cm
乗車可能最低身長136cm~140cm~
サドル地上高さ74.5cm~89cm72cm~87cm
車体サイズ全長1,755㎜
全幅550㎜
全長1,875㎜
全幅550㎜
重量26.7㎞27.4kg

フロンティアデラックスの24インチと26インチの違いを比較してみました。

数字だけを見ていると「24インチと26インチ」と言っても、そこまで大きさは変わらないです。

しかし、実際に乗車してみると分かるのですが、適正身長内であってもハンドル位置が遠すぎたり違和感が出てしまうこともあります。

なので、どちらのサイズにしようか迷っている人は、実際にまたいだりしてご自身に合ったサイズを選ぶ方法をおすすめします!

フロンティアデラックスのカラーバリエーション一覧

E.Xグレイッシュミント
F.Xベルベットローズ
E.Xノーブルネイビー
E.Xクリームアイボリー
E.Xカラメルブラウン
スパークシルバー

フロンティアデラックスのカラーバリエーションは、24インチ・26インチともに、6色展開になっています。

当店での人気度になりますが、グレイッシュミントが圧倒的に人気カラーです。なので、在庫(26インチのみ)を切らさないように心がけております!

もし気になった方は、ぜひ実物のフロンティアデラックスをご覧になってみてくださいね!

フロンティアデラックスまとめ

今回は、2022年フロンティアDX(デラックス)についてご紹介してきました!

フロンティアDXは、走れる距離が圧倒的に長く走りながら自動充電するところも魅力の一つです。自動充電に関しては、ブリヂストンしか販売していない(2022年2月現在)ので国内メーカーと比較することはできません。

バッテリー容量を大きくすれば走行距離を伸ばすことは可能ですが、バッテリー交換費用が高くなります。フロンティアDXのバッテリーB400は41,800円(税込)でそこまで高くないところに特徴があります。

例えば、ブリヂストンのアシスタU DXのバッテリーC400は47,080円(税込)、フロンティアDXと比較すると5,280円も高いです。走れる走行距離は、フロンティアDXの方が長いですが、車体の購入価格はアシスタUDXの方が安くなります。

そのあたりも考慮すると「長期間の使用を考えている人」「長距離を走る人」「充電するのが面倒な人」などにおすすめだと感じました。

当店でも、フロンティアDXの展示(26インチ1台)や販売をしているので、気になった方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる