自転車がパンクする原因とタイヤチューブ交換価格を種類別に解説!

ティービーサイクルでは「軽快車・電動アシスト自転車・スポーツタイプ・子ども用」などの一般的な自転車のタイヤ&チューブ交換を行っています。

また、自転車のパンクは何故起こってしまうのでしょう…?今回は、パンクの原因からタイヤチューブを交換した方がいい基準についてご紹介していこうと思います。

さらに、タイヤ交換についてのお問合せも非常に多いので、修理に掛かっている工賃などの詳細もご紹介します。自転車がパンクしてしまってタイヤやチューブの交換が気になっている人は、ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

目次

そもそも自転車がパンクする原因って?

「またパンクした…」と感じている人も多いと思いますが、パンクの原因には様々な要因が関係しています。

まず、スポーツタイプのチューブレスタイヤを除いた一般的な自転車は、タイヤの中にチューブが入っています。このチューブは、タイヤに空気を閉じ込める役割を持ちます。

そして、タイヤはそのチューブを多い保護する役割もあります。なので、タイヤに大きな穴や亀裂が入っている場合やツルツルの状態だと、チューブを傷めてパンクを引き起こしやすくなります。

なので、パンクが続いてしまう場合は、タイヤにトラブルが発生している可能性が高くなります。では、タイヤの傷みを早めてしまう理由を下記から詳しくご紹介していこうと思います。

自転車のタイヤ&チューブに交換時期の基準とは?

状態交換の必要性
1、摩耗タイヤの溝がすり減ってツルツルで滑りやすい。
2、ひび割れや傷トレッド部分やサイド部分にひび割れや傷が入っている。
3、チューブの傷空気が少ない状態で走行しているとチューブを傷めてしまう。
4、経年劣化数年利用していないタイヤで自然な経年劣化

自転車に乗っていると、どうしてもタイヤが消耗して交換が必要になります。また、交換時期ってどれくらいなのか気になると思いますが、使用頻度によって違いがあります。

それでは、どんな原因でタイヤ・チューブ交換が必要な状態になってしまうのかをご紹介していこうと思いますので、参考になれば幸いです。

1、【摩耗】自転車のタイヤの溝がすり減って滑りやすい状態

例えば、以前乗っていた自転車はタイヤ交換しなかったのに、今回の自転車は「タイヤ交換の時期ですよ」とよく言われた人もいると思います。

これは、利用頻度の多さや、走る距離が増えた(通勤や通学に使用している)ことが原因で、タイヤの消耗を速めている可能性があります。

タイヤは、ゴム製品なので普通に走行しているだけで削れてしまう特徴があります。また、タイヤ表面が削れてくるとスリップやバーストといったトラブルも発生しやすくなります。

なので、タイヤのひび割れや擦り減り摩耗が気になりだしたら即交換してあげる方が安全で快適に走行することができますね。

2、【ひび割れ&傷】自転車のタイヤにひび割れや傷が入っている状態

また、空気を入れず(空気が少ない状態)に走っていることで、タイヤやチューブを劣化させてしまい、ひび割れや傷が酷いことで交換時期になることもあります。

タイヤ表面の溝があっても、サイド部分や表面に亀裂が入ってくるとバーストなどの危険性も出てきますので、自転車屋さんで点検してもらうことをおすすめします。

空気入れの基本的な注入目安は、最低でも月に1回行うようにしてみてください。そうすることで、傷みが出にくくタイヤやチューブを長持ちさせる方法となります。

また、一般車の空気入れは英式バルブと言って「虫ゴム」付きのタイプになっています。この「虫ゴム」も傷んできますので、空気の減りが早くなってきた場合は交換してあげましょう。

タイヤ側面に記載されている適正空気圧を大幅に超えて注入していると、タイヤのバーストや摩耗を速めてしまうこともありますので注意してください。

3、【チューブの傷】自転車タイヤに問題なくてもチューブ交換が必要な場合

こちらも意外と多い事例ですが、タイヤ交換を行って数カ月しか経っていない場合でも、チューブの交換が必要な場合があります。

これは、空気を入れずに走っているとチューブを傷めてしまいキズだらけにしてしまうことがあります。

チューブにキズが入ると、そのキズが広がりパンクを引き起こしやすくなりますので、交換が必要になってきます。

4、【経年劣化】自転車のタイヤが自然に経年劣化してしまった状態

ゴム製品は、光・熱・紫外線などによっても自然に劣化してしまいます。また、ゴムの色には関係なく、オゾン劣化は歪みや亀裂なども入ってしまいます。

なので、使用していなくてもゴムの経年劣化で交換が必要になる場合もあります。また、自転車の保管状況・保管場所・使用状況によっても寿命が違ってきます。

明確なタイヤ交換時期は、利用している人それぞれの利用状況によって違うので、定期的なタイヤ点検をしてあげましょう。

また、定期的にタイヤ交換を行うことで、クッション性やグリップ性を得ることができ快適に走ることも可能です…!

TBee CYCLE

タイヤやチューブを傷めてしまう理由で一番多いのが「空気圧(空気の量)が適正でない」ことです。空気をマメに入れている人でも、適正数値以上の圧を入れてしまい傷めてしまうこともあります。

当店での空気入れ(自動タイプ)は、無料でご自由にお使いいただけますので、ぜひご利用ください。そして、入れ方が分からない場合は、スタッフにお尋ねください。
※店内が混みあっていると順番になることもありますので、その際はご了承ください。

自転車のタイヤ&チューブ修理に必要な工賃(部品代以外)ってどれくらい?

自転車の種類詳細工賃(税込)
軽快車前輪1,500円~
後輪2,000円~
電動アシスト自転車前輪1,500円~
前輪(モーター式)2,000円~
後輪2,000円~
後輪(モーター式)3,000円~
スポーツタイプ前輪(ナット式)1,500円~
前輪(クイック式)1,100円~
後輪(ナット式)2,000円~
後輪(クイック式)1,100円~
車椅子左右別2,000円~

ここでは、タイプ別にタイヤチューブの価格表&工賃表を一覧にしてみましたので、参考にしてもらえれば幸いです。また、価格や工賃は、大阪府河内長野市千代田駅付近のティービーサイクル(TBee CYCLE)の価格となります。

店頭でご案内させて頂いているシティーサイクルなどの修理価格には、上記の工賃を含めた金額をお知らせさせて頂いています。

そして、当店で取り扱っているパーツで修理を行う場合は、部品だけのお渡しよりもお安く修理させて頂いております!

TBee CYCLE

お客様でご用意されたタイヤチューブを当店で交換される場合は、上記の工賃表を目安にして頂ければと思います。

海外製のメーカー不明の電動アシスト自転車(取扱いのないメーカー)などは、修理をお断りする場合もございます。

そして、アクセル付きの電動自転車などはバイク(原付)扱いとされている商品は、修理をお断りさせて頂いてますので了承ください。

【シティーサイクル24・26・27インチ】タイヤ&チューブ交換の価格

メーカー/CYT or CSTなど
スタンダードタイヤ

価格単品価格¥2,000(税込)
※タイヤチューブ1本セット

メーカー/ブリヂストン
ハイグレードタイヤ

部品単品価格¥3,000(税込)
※タイヤチューブ1本セット

メーカー/ブリヂストン
ハイグレードタイヤ(1-1/2タイプ)

部品単品価格¥4,500(税込)
※タイヤチューブ1本セット

ここからは、当店でのタイヤチューブに掛かる費用(全額)についてご紹介しています。基本的に上記の商品を修理時に使用させて頂いております。

メーカー在庫が欠品中の場合は、同等レベルの商品で代替え品になる場合もございます。

シティーサイクル24・26・27インチのタイヤチューブ交換費用一覧

サイズグレード工賃&部品込の価格
24×1-3/8スタンダード3,500円(税込)
ハイグレード4,500円(税込)
26×1-3/8スタンダード3,500円(税込)
ハイグレード4,500円(税込)
27×1-3/8スタンダード3,500円(税込)
ハイグレード4,500円(税込)

一般車24・26・27×1-3/8サイズのタイヤ&チューブ価格に関しては、サイズ・前と後ろすべて同じ金額を設定させて頂いております。

スタンダードタイヤは、短距離や1カ月の利用頻度が少ない方におすすめです。ハイグレードタイヤは、ブリヂストンブランドのロングレッドという耐摩耗性がアップした高品質な商品を使用しています。

毎日利用する人や通勤通学など、自転車の利用頻度が多めな場合におすすめです。

TBee CYCLE

また、他のメーカーを好まれる方は「IRC(井上ゴム)・パナレーサー」「他のブリヂストン製品」などのお取り寄せも可能ですので、お気軽にご相談ください。

また、ここでは一般車(軽快車)の価格となっています。電動自転車の修理価格については、別の記事でご紹介していこうと思います。

シティーサイクル24・26・27インチのタイヤのみの交換費用一覧

サイズグレード工賃&部品込の価格
24×1-3/8スタンダード2,800円(税込)
ハイグレード3,800円(税込)
26×1-3/8スタンダード2,800円(税込)
ハイグレード3,800円(税込)
27×1-3/8スタンダード2,800円(税込)
ハイグレード3,800円(税込)

タイヤのみの交換費用に関しては、チューブ代金が不要なので少し安くなります。前輪や後輪問わず同価格で修理させて頂いております。

シティーサイクル24・26・27インチのチューブのみの交換費用一覧

サイズ詳細工賃&部品込の価格
24×1-3/8前輪2,000円(税込)
後輪2,500円(税込)
26×1-3/8前輪2,000円(税込)
後輪2,500円(税込)
27×1-3/8前輪2,000円(税込)
後輪2,500円(税込)

チューブのみのお渡しの場合は、800円からのご提供となっております。

TBee CYCLE

タイヤとチューブを当店で交換する場合の価格は、セットで交換した方がお得になります。タイヤのみやチューブのみの場合は、少し価格が高くなりますが、それぞれの状態に応じでご案内させて頂いております。

小径車やミニベロ(16~20インチ)タイヤ&チューブ交換価格

サイズ部品&工賃込の価格車種
16×1.753,800円(税込)~折りたたみ自転車など
20×1.753,800円(税込)~折りたたみ自転車など
20×1.504,500円(税込)~ミニベロタイプなど
20×1.954,500円(税込)~
20×2.1256,000円(税込)~子乗せ自転車など
20×1-3/83,800円(税込)~
20×1-1/84,500円(税込)~ミニベロ
チューブ交換のみ2,500円(税込)~英式

20インチの小径車(折りたたみ自転車など)のタイヤ&チューブを交換した時の価格になります。基本的に上記サイズでしたら在庫の方もあります。

ただ、修理が重なり在庫切れとなっている場合もありますので、預かり修理となることもあります。

子ども用&幼児用自転車のタイヤ&チューブ交換価格

サイズ部品&工賃込の価格車種
12インチ4,500円(税込)~幼児車
14×1.753,800円(税込)~幼児車
16×1.753,800円(税込)~子ども車
18×1.753,800円(税込)~子ども車
20×1.753,800円(税込)~子ども車
22×1.754,300円(税込)~子ども車
24×1.754,300円(税込)~子ども車
20×1-3/83,800円(税込)~子ども車
22×1-3/83,800円(税込)~子ども車
24×1-3/83,000円(税込)~子ども車
26×1-3/83,000円(税込)~子ども車
チューブ2,500円(税込)~幼児&子ども車

こちらのサイズも基本的に在庫しておりますが、タイヤの種類によってはお取り寄せとなる場合もあります。

まとめ

パンクの原因やタイヤチューブ交換価格についてご紹介してきました。

「空気の量が少ない」ことでチューブを傷めてしまいパンクの原因となっていることが多いです。また、空気が少ないことが原因で段差によるパンク(リム打ちパンク)という症状も多いです。

なので、最低でも1カ月に1回は空気を入れるようにしてあげるといいですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる